世界

旅に出ることが大好き 持病持ちの看護師 私に起こるすべてのこと、アンテナにひっかかったことを

世界っていう言葉がすき

 


はじめまして。
みて下さるどなたかのために、
(頼まれてないけど、勝手に)
私の経歴を紹介します。

 

 

0歳
誕生 満期だけど
2200gくらいのやや未熟児

 

 

1歳〜14歳
父が転勤族のため都市を転々と。
転校は2回したかな。
生まれたときから心雑音+で、
先天性僧帽弁閉鎖不全 兼 狭窄で
半年〜年1フォローしてましたが
悪くなったので僧帽弁形成術
しばらくもつ予定でしたが
3年ほどでダメで、
しかも歳が微妙だから
生体弁入るかなあ〜?と言われつつ
僧帽弁置換(無事入ったけど)

反抗期は結局訪れてないけど
すごいマイナス思考人間に成長。
(浮き沈み激しいけどいまはだいぶマシ)
なんかすごい中2病発揮してた
ずっとセンチメンタルみたいな 笑

 

 

15〜21歳
特に問題なく過ごす
看護師には、なるものだと思って
生きてきたから
迷いなく、看護学を学べる学校に。
結局行かなかった学校だけど、
看護学校受験するときに試験官(医師?)に
病気とか経験してる人は
考えすぎちゃうから向かない
みたいなこと言われて
泣きながら帰ってきた覚えがある。
いまでも肯定はしないけど
それも一理あるとは思う
し、実際自分は
コミュニケーション苦手だし
向いてないのでは?と思いながら
国家試験受ける。

 

 

21〜23歳
未熟児病棟で看護師
仕事始めてから、
ゆっくりゆっくり悪くなり始める。

 

 

24歳←いまここ。
未熟児病棟は変わらず。
結構しんどいな〜〜って、
でも受け持ちはどんどん重症なるし
リーダーとか責任重くなるし
ストレスの最大限までくる。
もうしんどさが限界なので、

とりあえず再MVR予定

 

 

こんな感じです。
看護師としての働き方とか
なんか今後の人生とか
迷える子羊状態です。

 

 

 f:id:iharch:20170220010946j:image

 

lost stars/adam levine

「はじまりのうた」は

大好きな映画のひとつです。