世界

旅に出ることが大好き 持病持ちの看護師 私に起こるすべてのこと、アンテナにひっかかったことを

祝半年

 

 

 

です。(正確にはまだだけど。)外来でした。

病棟内でも心疾患の赤ちゃん👶を

診に来てくれる先生ですが、

今日は私の主治医です。笑

実は私は、高校生まで診てもらっていた

小児病院に勤めておりまして、

いま通っているのは普通の総合病院ですが

成人先天性心疾患外来として

出張に来てくれるんです。

曜日が限られているので、こういうとき

看護師って便利だなといつも思います。

病院や役所に行く用事があるときって、

土日休みの方はどうやって行ってるのか

謎で仕方ありません🙁

 

とにかく、まあ、そんなわけで

ちょこちょこ会っていましたが

診察としては半年以上ぶりでした。

私は前回、期外収縮が気になる

と言ったことも忘れ 笑

先生にどう?と言われて思い出す始末。

エコーの報告書に

“エコー中ずっとAPC2段脈”

って書かれてるけど、、

どういうときに出る?って。

エコー中、確かにずっと

2段脈だなあって思っていたわけですが

もはや日常と化しているため

んー、そうですねえ、、

左側臥位になると出ますと言ったら

えー⁈ 体位で変わるものなの⁇笑

と、笑われてしまいました 😂

(いや、これ本当なんですけどね笑)

ホルターとる?って言われましたが

明日は仕事だし、リーダーだし、

ホルターつけながらは

ちょっと捗る気がしないので

次回(12月)にとることになりました。

どうせ、それこそAPC単発と2段脈、

たまにVPC単発見つけるぐらいだろうけど。

 

BNPは58くらいだったかな。

術後のBNPは、気になっていたけど、

心外の先生はオーダーしてくれなかったから

ずっと見れてなかったんですよね。

 数値としても良くなったの見れてよかった!

特記事項としては、

ARがなぜかmildだったことぐらい?

 

悪くなるまでは、

あーなったらこーなったらどうしよう

ってずっと考えていましたが

まあ、もう、なるようにしかならないし

じゃあ、考えても無駄かなあって。

不整脈も、致死性じゃなければいいです。

細かいことは気にしないことにします。

 

 

f:id:iharch:20170905233229j:image

 

 

こういう装飾が好き。いつか、いつか

インドやトルコ、モロッコに行きたい。

 

 

 

何もしない旅

 

1年半くらい前にタイに行ったのを最後に、

海外には行っておらず、

どこかに行きたい欲が沸々していて、

手術したら絶対どこかへ行く!

それを目標に過ごしておりました。

でも、術後で体力が戻っていないのか

(もともとこんな感じだった気もするけど)

もしくは、四半世紀を過ぎたことと

もともとの体力のなさの相乗効果でなのか

とにかく20代前半よりも

元気はない気がしていて。

なので、旅行にも少し自信をなくしていて。

 

これを期に、何もしない旅をしてみよう。

と。いうわけで。行ってきました。

母娘旅。インドネシア、バリ。

クタやサヌールなど、いわゆる

ビーチ側には行かずにウブドにお籠り。

というか、ビーチって

どうやって遊ぶのですかね。

泳げないし遊び方が全くわからない。

で、ウブドはとてもよかったけれど、

ホテルまでの道中はとにかく田舎でした。

街で屋台のように売られている店の商品に

値札はありません。

日本人には日本価格だそうで。笑

汚い格好していくと安くしてくれるそうです。

しつこさ:★★★★☆

高い金額提示された方が、

喜ばしいよね、きっと。買わないけど。

 

 

f:id:iharch:20170830184455j:image

ウェルカムドリンク。

 

 

f:id:iharch:20170830184709j:image

ベッドは室内。

 

 

f:id:iharch:20170830184512j:image

部屋から入れるプール。

 

 

f:id:iharch:20170830184743j:image

ガゼポという、屋外だけど屋内。みたいな

人をダメにする場所。これも部屋の一部。

いわゆるヴィラっていうものに泊まりました。

 

 

f:id:iharch:20170830185745j:image

 ウブドは日差し強くても涼しくて

湿気がないってなんて素晴らしいんだ

と、思いました。お祈りも少し体験。

 

 

 f:id:iharch:20170830185856j:image

欧米人の旅行シーズンだそうで、

どこ行っても背も鼻も高い方々に遭遇。

そしてほぼ全員、

それって下着ではありませんか?

と聞きたくなるぐらいの軽装。

チェンマイでも思ったけど、

寒くない?大丈夫?と心配になる 。

オバちゃん的にはさ。

沐浴なんて寒くてとてもできない 汗

 

 

f:id:iharch:20170830190000j:image

日本人にとっては

口にするのが躊躇われる、かの有名な山。

 わあー!ってなったけど、

ほぼ毎日富士山を眺めているためか

 5分くらいで、うん。もういいかな。

ってなった。←

 

滞在期間としては、2日半くらい

だけだったのですが、

だいぶのんびりできました。

時計がない暮らしはいいなあ、と。

肌の調子がすこぶる良かったです。

 

初めて、違う航空会社での乗り継ぎがあり、

しかもスカルノハッタ国際空港は

ターミナルが分かれているため

空港間での移動が必要で

なかなか刺激的な移動となりました。

この、移動に関してはまた。

 

そして、インドネシアってやっぱり

イスラム教徒の多い国なんだなあーと。

(バリはヒンドゥー教が主みたいですが)

予備知識が浅いまま行ったので

トイレはなかなか衝撃でした。水浸し。

これを思うと、日本のトイレって

綺麗過ぎだしどこまで進化するんだろう

と、思っちゃいますね。

勝手に流れるタイプのトイレは

尿の色も便の色もわからなくて

なかなかご迷惑だと思うのは

私だけでしょうか。排泄物や排液の

色を見るのは大切なんですよ。(職業病ですね。

話は戻って、空港のトイレで

トイレにかばんを置いてくる

というまさかの失態をやらかしました。

手を洗っている段階で気付き、

すでに1人女性が入っていたのですが

全く荷物には気付いてなかったようで

ドア開けたと同時に私が入ってくるので

すごくびっくりしていました。

そりゃそうだ。笑

で、何事もなく救出できました😭

現地の女性が、ちょっと気を付けなよ〜

って感じの言葉をかけてくれました。

(正確には、くれたと思います。ですが。笑)

 

正直ジャカルタって

治安が良くないと聞いていたし、

過去にテロが起きているので

漠然と、怖いなと感じていて

そういう事件の概要とか、出発までの時間に

読んでしまっていて←

乗り継ぎやめればよかったかなあと

結構後悔しました。でも、

(空港の中だけの狭い範囲ですが)

拙い英語でも、聞けば

親切に教えてくれるし、笑顔も素敵だし

良い印象を持ちました。

テロを起こす一部の人が脅威なだけで、

それは世界中の誰にとっても脅威で、

もちろん、スリが多いとか

犯罪が多いとか、事故が多いとか

そういう意味での治安の悪さには

気をつけていく必要がありますが、

一概に、その土地が怖い

ということではないんですよね。

そういう偏見を持っていたことに

気付きました。反省。

 

毎回毎回、今度はツアーにしようとか

英語喋れるようになろうとか思うわけですが、

結局なんとかなっているからか、

どちらも私会議で採用されてないんですよね。

そして今回ので自信を取り戻した私は

次に休みができたらどこへ行くか検討中です♡

 

 

f:id:iharch:20170901022934j:image

 

 

傷と服

 

 

 

初めて手術をしたのは11歳のときで、

ちょうど夏休みの、今の時期。

 

明日、この体に傷ができるんだ 

 

と、若いなりに覚悟を決めた覚えがあります。

そのあと3年で再手術となり

つまり11〜20歳くらいまで

傷には悩まされてきました。

傷なんて気にしないよって言う方も

いらっしゃるかもしれませんが、

見た人はその傷を見て絶対

あれ?ってなるのにどうしたの?って

聞かれない感じになるのが怖くて(意味不明)

(当時はとにかく目立つのが嫌で

聞かれるのも嫌だったんだと思うけれど)

まあ、私の被害妄想というか

勝手な思い込みなのですが。

とにかく少しでも

目立たなくなるよう必死でした。

 

中学生のとき、流行的にはVネックとか

胸元の開いた服だったんですが着られず、

とても苦労しました。

傷を隠すためにファンデーション塗ったり

傷の位置にネックレス置いたり。

結局溶けちゃったり、ズレるので

あまり意味なかったんですが。

高校3年〜短大ぐらいになると、

だいぶ色も目立たなくなって、少しずつ

胸元開いた服でも気にせず

着るようになりました。

10年近くなると、もう、ほぼ

言われなければわからない程度になり

何でも着てました。楽しかった😽

入職してから、スクラブという

VネックのTシャツのようなユニフォームを

着るようになりました。

この頃は先述のように、

傷はほとんどわからないぐらいで、

(水着も着れるぐらいで、)

全く問題なく着ていましたが

術後は困ったことに、THE 傷

という感じでばっちり見えてしまい、

これは気になって仕事にならない💦

ので、自分の肌の色に近い

バンドエイドをカットして貼ってみました。

でも、逆に、何それ?って感じになり 笑

しかも毎日のように貼り替えると

傷も痛いし、かぶれっぽくなるしで微妙。

しばらくはボタン付きの

いわゆるナースウェア?にしていましたが

やっぱりスクラブの方が軽いし

どうにかして着る方法はないか?

と悩んでいたとき、

コードブルーの3rd seasonが始まり

観ていたら、参考になる方を発見!

f:id:iharch:20170814172751j:image

(緋山先生!!!)

(ていうか、コードブルー以前にも増して

みんなかっこよくなっている)

 

で、こういうインナーを探し始めたのですが

厚みがあるものは、スタイル悪く見えて却下。

薄すぎるとズレてきて結局見える。却下。

長袖は汚ない(Nでは肘まで手を洗いたい)

ので、却下。

と、なかなか出会えなかったけれど

ついに見つけました。

ユニクロ エアリズムUネック半袖Sサイズを

背中側を前にして着る!!!

という方法。かなりぴったりなので

絶対ズレてこないし、

薄いのでスタイルに影響はないし、

本当、完璧な出来栄えでした。

 

ちなみに、術後5カ月の今の私服は、

なぜだか今年は胸元開かない服が

やたら流行っているので、そーゆーものと、

Tシャツでなんとか回せています。

タイで買った薄い布切れ同然の、

でも気に入っているワンピースも

背中側を表にしたら全然着れる!

後ろ前作戦は、なかなか使えます。

胸元にスリット程度に入ったトップスなら、

肌色のテープを貼ってばっちり隠せます。

(敢えてのV作戦と呼んでいます。)

そんな感じで夏を越せそうです。

 

 

 

困らないけど

 

 

 

子どもの頃、夏は嫌いでした。

暑いし、心疾患だからかわかりませんが

頭と顔がずっと暑くて、汗かいてました。

前髪がぺったりくっつく感じの

じっとりとした汗。浮腫んだ顔、怠い身体。

データ的には悪くなくても

いつもそんな感じで。

実際、学生時代の2回の手術は

夏休みを使ってやっていたから

夏に調子が悪いというのは

本当だったんですが。

夏はいつも瞼腫れていて、怠くて。

今もそんな感じです。

ま、いわゆる夏バテに毎年なるわけですね。

その、夏バテは

食生活で改善できるのか?

というのが最近のテーマなのですが

あまり関係なさそうかな、、

というのが短期結果です。

 

それから、寒冷刺激やストレスで

手背から前腕と、足全体に

網目状に赤紫の血管が透けて見えます。

網状チアノーゼというものだと

看護師になって、赤ちゃんを見て知りました。

皮膚が薄いからなのか、

循環がへたくそだからなのか、、。

今のところ、赤ちゃんと自分以外に

見たことがありません👶

 

あと、誘因の思い当たらない眩暈。

右耳👂に、息を吹きかけられたような

感覚のあと、必ず眩暈がします。

1分もしないぐらい短い。

頭を動かしたとか、起き上がったとか、

そういうことがなくてもなります。

謎ですね。

 

病院に行くほどのことでもないので
そのままにしていますが。

困らないけど、気になる症状って、

ありますよね 笑

 

 

 

気付けば

 

 

 

術後4ヶ月を過ぎました。

突然、期外収縮が気にならなくなりました。

そして、仕事もぐちぐち言わない、

社会貢献しなければ!

って決めたら、なんだかすごく

気持ちがすっきりしています。

ベッドから起きられない

なんてことも、少なくなった気が。

3交代勤務は相変わらずしんどいですが、

もう少し手術のタイミングが遅かったら

気持ち的にもっと暗くなっていたと思うので

ほんと、さっさとできてよかったです。

実はあのとき、手術の枠を

どなたかに譲って頂いたんですよね。

ありがとうございました。

 

朝が昔から苦手で、寝起きはいつも、

無理、ほんと無理。

という気持ちで起きるのですが

そういう自分がずーっと嫌で、

1日の始まりぐらい

すっきり起きたいな〜と思い、

とりあえず夜勤のないときは

規則正しく生活することを心掛けています。

また、朝食を食べない生き方で

十数年生きているんですが

それも直していきたいところですね。

 

あとは、健康的に痩せたいと思いまして。

今、自分の理想体重+2キロくらいで

部分部分がやや、気になる感じで。

特別何をしてるというわけではないのですが

野菜のお勉強+食べ物に気をつかう

+遅い時間に食べない

というところを大事にしています。

(これが結構難しいのです、、)

私はお菓子が大好きなのですが、

食べ物がわたしの身になると思ったら、

なんかちょっと怖いな、、と。

 

他にも、やりたいなーっていうことが

いくつかありますが

とにかくそういう気持ちになれたことが

嬉しく、ありがたいですね。

まだ半年も経っていないなんて信じられない。

骨?ワイヤー?が今更

ピリッとすることはありますが 笑、

とても良い感じです。

 

 

f:id:iharch:20170715112344j:image

 

 

こういうおしゃれサラダにはまってます。

 

 

 

術後3ヶ月外来

 

 

 

術後3ヶ月外来でした。

特に問題なし。ワーファリンは終了です。

期外収縮のこと、伝えたら

βブロッカー飲んでみるのはアリかも

との返答。

うーん・・せっかく薬減るのに

また飲むのはなあ〜

我慢できるしなー、ということで

このままにします。不快だけど。

 

手術って何回もできるものなのか

ってことと、

若年者はどのくらい持つかってことも

一応、聞いてみました。

 

回数の制限とかはなくて、

何回やったからリスクがとても高い

ということでもない。

若くて石灰化が激しいのと、僧帽弁は

圧負荷かかりやすいから劣化は早いだろうけど

10年ぐらいは持つとは思う。

次の手術が最後、とかそういうことはない。

自分のライフプランもあるだろうし。

 

っていう感じの返答。

結局、聞いたところで

ですよねってなっただけで、

ナンセンスな質問だったわけですが。

話をきちんと聞いてくれる良い主治医でした。

・・貧乏ゆすりが激しかったけど(笑)

 

心外卒業して、次回からは従来通り

成人先天性の循環器にかかります。

正直、私みたいな先天性の弁膜症の患者は

どっちでも良いと思うんですけど。

私がいることで、本当に診てもらうべき人を

お待たせしていなければ良いのですが。

 

そういえば、職場から来る、

医療費の明細を見たんですが、

手術費は約440万でした。

でも保険や高額医療費などにより、

自分の支払い額は恐ろしく少ないです。

自分の体力が追いつく範囲で、

きちんと働いて、社会貢献して、

返さなければと思いました。

ほんと、この数ヶ月

文句ばっかりだった気がします。

いけませんね。反省。

 

暑くなってきたからか、少しバテていて、

横になってばかりいます。

体力の回復にも時間が・・笑

その割には、遊びたい欲は高くて、

7月・8月・9月と旅行の予定を立ててます。

一緒に出かける友達は、大体みんな

病気のことは知っているので安心です。

1年ぶりぐらいの遠出。

体調・体力と相談しつつ、

楽しみます。٩(^‿^)۶♪

 

 

 

甘いよね

 

 

 

入院中からずっと考えていたことですが、

今年度での退職を考えています。

面談があったので、退職を考えていると

師長さんに伝えました。要約すると、

あなたの人生だから、私が止める理由はない

と言ってくれました。

まだ具体的な話はしていませんが、

これから進めていきたいと思います。

 

5月末から夜勤も始めたのですが、

やはりなんというか

良くも悪くも術前と変わりません。

息は切れませんが。

脱力感。怠さ。(期外収縮。)

たぶん私は、何かしらのストレス病です。

自律神経失調症とか。
でも、それは何の仕事をしても、
つまり心臓とは関係なしに、
ストレスを感じる以上、
仕方のないことのような気もします。

勤務とか受け持ちとか断れないじゃんって、

文句ばかり感じていたけど
社会的にみれば、断らない自分が悪いわけで。

甘かったんですね。反省中です。でも、

術前の、体調悪くても迷惑かけないように、
休まないように、って思って

カテも手術も全部、前もって言ってたのに、

それでも、自己管理できてない
って思われていたのかなと思うと、

少し悲しいけど。それが現実だろうな。

私が上の立場だったら、確かに、

しんどいなら何で言わないの?

って思うのかもしれないし。

もう、何も考えなければいいですね。

働けるのか働けないのか。

どちらかと言えば、働ける。

それなら、もう、働けるとして

がんばるしかないんですよね。

私が働いている病院は県内では結構有名な、

小児の病院です。最後の砦なので、

受け入れは断りません。(断れません。)

今のように、実家で、すべて

やってもらっていれば

勤められるかもしれませんが、

家庭を持ちながらとか、子育てしながらとか、

それは私には無理なので。

結局どこかのタイミングでは

辞めることになると思うのです。

逆に、一生独身だとしたら、やっぱり

親にばかり頼れないし

1人で暮らす生活力付けたいのと、

違う部署の空気を感じるのも必要な気がする。

新卒から世話になっておいて、

それを返さずに辞めるなんて、甘いよね。

重々承知しています。

そもそも持病持ちの、N経験のみの自分を、

希望する病院が雇ってくれるのか?

という疑問もありますが。

今年度で今の職場を辞めて、

来年度から働くつもりでプチ就活中です。

 

母にはずっと、

この話を聞いてもらっていますが。

身体の方が大事だし、

好きなようにしたらいい、

みね子(NHK朝ドラ 笑)みたいに

仕送りしなきゃいけない

とかじゃないんだから

焦って探さなくてもいいし。

と、言ってくれています。

見つからなかったら

しばらく旅に出るのもいいなあ〜なんて、←

結局甘えたい放題の私。

本当にワガママで。

そんな人間も今日、四半世紀を迎えました。

 

 

f:id:iharch:20170610235319j:image

 

 

能登の白米千枚田